FC2ブログ

ママさんにも分かりやすい「人権擁護法案」のおはなし

2008.02/18/Mon 22:53:06


ちょい体調を崩し,しばらくぶりに復活のままぞんです,こんばんわ.
鼻づまりが長引いてまして,頭がボーっとしています.
寒さ厳しき折,皆様もお体をご自愛なさってくださいませ.


さて,今日は前からぜひともママさんたちにも知ってもらいたいと思っていた
怖い怖い「人権擁護法案」についてのお話です.

「(゚Д゚)ハァ? 怖い?何言ってんの? 
日本国憲法にも『基本的人権の尊重』ってのがあって,守るのが当然でしょ?」

と思っているママさん!(`・ω・´)   

少しだけ一緒に考えてください.m(__)m


その貴女が思う「人権」という言葉が,「人権擁護法案」で使われているものと同じかどうかを.


まず,この5つのマンガをご覧ください.↓

人権擁護法案が通るとこうなる!①
jinken1.jpg

北朝鮮拉致被害者のご家族は?

こんなことになれば,「連れ去られた家族を帰して!」と,心から訴えることも出来なくなるのではないでしょうか?



人権擁護法案が通るとこうなる!②
jinken2.jpg

ウイグル人,「東トルキスタン」が,今どうなっているのか,ぜひ見てください.
↓中国共産党こそ,人権を踏みにじっている!

http://saveeastturk.org/jp/index.php


例えば・・ 「計画生育」という名目で数百万の赤ちゃんの強制中絶を行い,
45回の核実験と核廃棄物の投棄により,多くの人々が放射能中毒で犠牲に・・
「政治犯」として数万人単位の人々の処刑が執行されている.



人権擁護法案が通るとこうなる!③jinken3.jpg

・・・orz
東トルキスタンの人権弾圧を知った後で,この「人権」やら「差別」やらが同じだといえますか?


人権擁護法案が通るとこうなる!④jinken4.jpg

卒業式の前日,広島の世羅高等学校校長が卒業式における「日の丸掲揚・君が代斉唱」問題を苦に、自殺に追い込まれました.
↓ココにこうかいてあります.
http://www.worldtimes.co.jp/book/hiroshima/hankyou.html


引用 この事件によって教職員組合と県教育委員会とのせめぎあい、その間に立つ校長らの苦悩の図式が、またもあらわになった。もちろん、こうした問題は全国各地で起きているのだが、広島県では昭和45年以降、10人以上の校長や教育関係者が自殺している。(略)

広島の公教育の現場では、「同和教育」が教育法令よりも重要視され、憲法のごとき位置にあるという。「人権」「平等」を旗印に、学校の管理職行政 側を次々と圧倒し、牛耳っていく様は、まさに教育界の共産革命である。特に、広教組・広高教組や部落解放同盟による「校長いじめ」「糾弾会」は凄まじい。 入学式前や卒業式前に組織の要求を突き付け、校長を“降伏”させるなどは、かわいい方で、執拗に暴力まがいの責めを繰り返してきたのである。

 「同和教育は民主教育の基底」と言っている本人らが、明らかに民主主義を逸脱した行為で闘争を行っても社会一般の支持が得られるはずはない。しかし、そ うした不条理を声高に批判することもできないできた広島公教育の問題は根深い。国の将来を左右する教育現場の根底において、いまだに大きな力をふるう左翼 思想に身震いさえする思いである。

人権・平等という言葉を,自分たちの利権の為に振りかざす輩が居ることを知りましょう!

 


人権擁護法案が通るとこうなる!⑤
jinken5.jpg

orz・・・

新手の振り込め詐欺ですか?
出版社だけじゃありませんよ.
「先日おたくの息子さんが人権を侵害しましてね~,人権委員に・・」で,誰でも被害にあうかも・・orz


もしも人権擁護法案が通ったら・・・の,マンガはいかがだったでしょうか.
「怖い」の意味を分かっていただけましたでしょうか?

「でも,やっぱり私は関係ないわ~. 
だって,差別なんてしてないし,外国の方とも仲良くしているし,もし通ったとしても別に怖くないわ!」
・・・って?(゚Д゚ )

そうですか・・・(;´Д`)
じゃあ,極端な例かもしれませんが・・
ちょっと大げさにわかりやすくお話を作ってみました.
では,どーぞ.↓




もし,貴女が子どもたちへの「読み聞かせ絵本の紹介を目的とするブログ」を開設したとしましょう.
小さい頃から親しんできた,貴女のお気に入りの絵本を取り上げています.

タイトルの下にはこんな説明書きが.
「これは,私が母親から読んでもらったお気に入りの絵本,子どもにも読み聞かせてきた,ステキな絵本の数々です.」

毎日一冊ずつ紹介し,徐々に小さな子どもを持つママたちから嬉しいコメントも寄せられてきました.ブログは順風満帆です.

・・・・そして,中には入手困難になった絵本もあります.
その為,読者はママたちだけでなく男女問わず増えていきます.ここまで何の問題もないと思われていました・・・


ある日,貴女のブログに「人権委員」なる人の書き込みが・・・.
「貴女のブログに,人権を侵害する恐れのある記事を発見いたしました.つきましては・・・○月×日・・・」

自分には関係ないと思っていた,人権擁護法の人権委員に目を付けられたようです.
それと同時に,一気にコメントが減ります.

何が起こったのか自分でも良くわからないうちに,レンタルブログから削除され,ブログは閉鎖.
ある日人権委員が尋ねてきて「人種差別や障害者差別につながる絵本の紹介をしてましたね?」と,一方的に決め付けられます.

そんなことをした覚えはないと,いくら突っぱねても上がりこんできます.
そして,パソコンをいじられ,母から贈られた思い出の絵本は全て没収・・・

貴女は「せめて,どの絵本だったのか教えて欲しい」と,懇願します.
「ちびくろサンボ」(ココをクリック)「ピノキオ」(ココをクリック)と人権委員は答え,
「そうそう,ままぞんさんはアジアの国に対しての表現だけでなく,ブラックジャックやどろろが好きだと言ってたので連れて行かれましたよ.手塚治虫作品にはそういった表現が多いですから.・・・それと,ハリーポッター(ココをクリック)の差別的表現も一部削除されましたよ.」と言いました.


絵本のよさを伝えたかっただけなのに,
貴女はこのあとどうなるのでしょうか・・・・?!


参考:人権委員会は法務省の外局だが、人権擁護法案が成立すれば、省庁と同格の「3条機関」(国家行政組織法3条2項)として設置され、全国各地に事務所を置く 巨大組織となる。その権限は強大となり、特に「特別救済手続き」では、令状なしの出頭要請や関係先への立ち入り検査、捜索・押収が可能となり、もし正当な 理由なく拒否すれば、30万円以下の過料を科すことができる。

 

さて,わたしの作り話はこれでおしまい


※上記に示した絵本やマンガ,書籍については「例」としてお受け取りください.
私自身,どれも愛すべき物語だと思っております.m(__)m





では最後に,この動画をご覧ください.



「言論弾圧」の怖さをはらんだ,「人権擁護法案」は,いりません!

 




追記です!


ここで,疑問が浮かんだママさんたちも多いのではないでしょうか?(--?)
グリッティさんもこうおっしゃっています↓


>だれが何のためにこの法案を成立させたいのかを見れば目的なんて一目瞭然!
人権という名をかたった逆差別に断固反対です。




では,「誰」が成立させたいの?

コンパスさんから,コメントで教えていただきました↓


>「国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」というブログの2月16日の記述で、人権擁護法案の背後にあるものについてのヒントが載っていました。

大学教授が講師として招かれ、憲法違反などの内容を話している様子がわかりますし、自民党内部の人権擁護法案反対の立場を取る議員も一部名前がわかります。


「誰」?
が見えてくるのがこの部分でした↓
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/484116/

抜粋

>>主催者が古賀誠君だったんだけど、一任を取り付けて部屋から出ていっちゃった。
その過程において私は解放同盟の組坂委員長に会って、メシを食って会談しました。そうしたら、今まで擁護してもらってきた法律がなくなったから、その代わりが欲しいんだ(と言っていた)これが本音なんですね。そして私は反対派でしたから、太田誠一代議士が調査会長になって、私のところにきた。私に何て言ったかというと、「同じ福岡県の同和の組坂氏に頼まれているんだと。


((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
マンガのところで触れましたが,管理職・行政を牛耳っていったのは誰でしたっけ?

「同和」!!

「部落解放同盟」!!!

黒い・・・!

黒すぎる法案だよママン・・・ _ノ乙(、ン、)_



 


るうとさん作↓

300j-yo1.jpg

 

 

この法案について,「もっと詳しく!」
と思われた方は,こちらをご覧ください ↓そして,ご自分で調べてみてください. 

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/

http://blog.livedoor.jp/monster_00/archives/cat_847822.html


http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/484116/


ブログパーツ

スポンサーサイト



テーマ : 人権擁護法案
ジャンル : 政治・経済

人権擁護法案って・・Comment(20)Trackback(0)
| HOME |