FC2ブログ

天気は主婦の関心ごとのひとつですが・・・韓国に住む主婦は?

2007.10/02/Tue 08:40:36
ここ数日,寒くなり始めましたね~.
体調管理,お気をつけくださいませ.

それから,衣替えのタイミングが気になってきました.

毎朝テレビで気温や天気をチェックしてますが,たまに外れてもさほど気にしていません.
主婦が気になるところは,お洗濯だったり,傘を子どもに持たせるか,そこが焦点だったりします.
(置き傘もありますので,念のためです)

大きく外れることもないですしね.
逆に,降水確率が高く,雨だとおもってたら降らなくて助かった~とかw


さて・・・韓国人はなぜかNHKでニュースや天気をチェックしてるらしいですね?
NHKの視聴料集金していいんじゃない?w
台風の時期は,エンコリでもNHKの台風情報で賑わうようですし.

そして,本日朝鮮日報を覗いてみれば,韓国気象庁の記事ばっかりですよ?
どうした?韓国ww




天気予報:日本モデルばかりで独自モデルなき韓国気象庁

 韓国が17年間にわたり旧式の日本モデルを使用してきたのは、独自的なモデルを開発する技術能力を備えていないことが原因だ。梨花女子大学の朴善基(パク・ソンギ)教授は、「(韓国の気象庁は)日本モデルを導入し、何とかしてスーパーコンピューターを活用することにばかりあくせくしていた。これは日本モデルを画期的にアップグレードしたり、新しいモデルを開発したりする独自技術が蓄積されていなかったためだ」と説明した。


 現在、地球全体を対象とした数値予報モデルの開発能力を備えた気象技術先進国は、米国や英国、ドイツ、日本など約10カ国。ソウル大学の李東珪(イ・ドンギュ)教授(地球環境科学部)は、「これらの国々は、既に1950年代初めから全球モデルなど多様な数値予報モデルを開発し、数年周期でアップグレードすることで自国の天気予報の正確度を高めてきた」と語った。気象技術先進国では、プログラム1つを開発するのにも、10年間かけて数十億ウォンを投じる。韓国が17年前に日本から導入したプログラムの場合、日本は開発に際し約100人の研究者を投入し、完成までに10年ほど費やしたという


 また、気象技術先進国における数値予報関連の専門的な人材の数も、韓国とは歴然とした差がある。韓国気象庁の場合、数値予報の専門家が38人に過ぎないのに比べ、日本の気象庁は71人、米国の大気環境予測センターは370人にも上る。ヨーロッパ全域の気象庁であるヨーロッパ中期予報センターでも、150人近い博士レベルの専門家らが数値予報モデルの開発に従事している。


 当然のことだが、これら気象技術先進国は、自主開発した最新モデルやアップグレードしたモデルを、なかなか他国に伝授しない。釜慶大学の呉載鎬(オ・ジェホ)教授(環境大気科学科)は「先端数値予報モデルを海外から輸入するのも1つの手段だが、技術従属を免れようとするならば、たとえ多くの時間と費用がかかっても、独自技術を開発する努力を今からでも進めなければならない」と語った



イ・ジェジュン記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS



少し検索しただけでも,同じ立場の主婦ブログがヒットしました.↓


韓国の天気予報が当たらない!って、

ちょっとした有名です。皆様のところはどうですか?
特にこの頃は不安定な天気が続き、台風も結構来てますからね・・・

主婦にとっては洗濯物をいつ干したらいいのか
天気予報が一番の手助けなのに~~~

当たりませんねぇーーー


実際天気予報をテレビで見ても、詳しく言ってくれません。
余所見をしてたら、終わってることが殆ど!

私は前々からネットで雲の動き、雨の動きを見ながら動いてます

日本の天気予報なんですが、釜山はまだ視野に入ってるので
テレビよりこっちの方が断然当たります!!

やはり、日本は災害が多い為なのか、衛星の設置・設備が優れてますからね。

詳しく、放送してくれます!

天気予報だけはNHKで見てます。
会社でも日本のサイトがいいとか・・・言ってるそうで。

(一体どんな会話してるんだか!??)

大変そうですね.お疲れ様です<(_ _)>

しかも,スーパーコンピュータを導入したら,的中率が下がっちゃったの?ww
ちょっと,それまずいでしょw ↓

 


天気予報:スパコン導入後に的中率下げた韓国気象庁

 気象庁が世界最高水準のスーパーコンピューターを2004年に導入したものの、気象庁が発表する天気予報の的中率は、むしろ導入する前よりも低下していることが分かった。こうした現象は、韓国気象庁の人材や天気予報システムが大学の成績でいうと「C-」レベルに相当し、先進国に比べて大幅に遅れを取っていることに起因する、との分析結果が出た。

 気象庁が30日、国会科学技術情報通信委員会の金泰煥(キム・テファン)議員=ハンナラ党=に提出した「気象速報分析資料」によると、04年から昨年までに集中豪雨や大雪、黄砂、台風などに対し、気象庁が発表した注意報や警報の的中率は、平均72.1%にとどまったという。2台目のスーパーコンピューターを導入する前の2000-03年(79.4%)よりも、むしろ的中率は下がったのだ。特に、夏の集中豪雨では、12時間にわたって平均80ミリ以上の猛烈な雨が降ることが予想される場合は「大雨注意報」を、150ミリ以上の場合は「大雨警報」をそれぞれ発表することになっているが、これらの注意報や警報の的中率は、スーパーコンピューター導入前の74.7%から導入後には66.3%へと低下した。今日か明日中に雨が降るかどうかを予想する場合でも、的中率は03年の85.1%から昨年は84.9%へとやはり下がった。

 これと関連し、気象庁を統括している科学技術部が、今年7月に気象技術を専門とするコンサルティング会社に「気象庁の予報能力診断」を依頼した結果、こうした問題は予報官らの能力不足と予報システムの立ち遅れに起因していることが分かった。

 本紙が入手したコンサルティング会社の報告書によると、的中率が低い原因は「スーパーコンピューターの性能は優秀だが、同スーパーコンピューターを活用し、天気予報のデータを算出するコンピューター・プログラム(数値予報モデル)が老朽化している上に、気象庁の各種予報システムや予報官らの能力(専門性+判断力)が先進国の水準を大幅に下回っているため」だという。気象庁の数値予報モデルについては100点満点中72点で「C-」、予報官の能力は78点で「C+」となった。

 これについてコンサルティング会社「テクノベーション・パートナーズ」のヒョン・ジェホ博士は、「天気予報が間違った場合、なぜ間違ってしまったのかを事後分析し、これを見直すシステムが必要となってくるが、こうした事後分析システムがいまだ構築されていない」と話した。

 また「天気予報の的中率を高めようとすれば、短期的にはコンピューターのプログラムを改善する必要があり、ひいては予報官の能力を向上させるための総合的組職改革が必要だ」と指摘した。気象庁に対する同調査はまもなく終了し、10月19日にも最終報告書が提出されることになっている。

 

 

パク・ウンホ記者

イ・ジェジュン記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS


ん?
んん?

プログラムの老朽化?
17年前に導入した日本製プログラムって言ってませんでした?
直接表現はないけど,また日本のせいにしようとしてるのかな~?

いまから17年前って言ったら・・
昭和から平成にかわって2年ですよね? 古っw

そんな文句言わないで,独自で開発してくださいな.
あ,独自開発してさらに確立が下がったらもっとですけどもね.^^;



そうそう,こんな記事もありましたね.↓


頭脳流出:ソウル大の年俸は海外の大学の半分!?(上)(下)

http://www.chosunonline.com/article/20070823000051
http://www.chosunonline.com/article/20070823000052


「韓国の大学は研究環境がよくないため、以前のように祖国から呼ばれれば行くというような愛国心を発揮する科学者はそう多くはないだろう」と述べた。



へえ普段は反日むき出しで,日の丸は焼いちゃう,
反日のため,愛国のためなら自分の体に火をつけちゃうほどの民族ですのにね.


一度海外に出ておいしいことに気がつくと・・・

海外で認めてもらったほうが金になるニダ<丶`∀´>ホルホルホル・・


韓国の天気が,ほぼあたるようになるのは いつでしょうね?w

 



ブログパーツ
スポンサーサイト



テーマ : 韓国
ジャンル : 海外情報

韓国Comment(10)Trackback(0)
| HOME |